スマートメディアとの戦い

前回の記事で書いたようにブラジル人向けのポルトガル語での募集チラシを作成したので、コンビニにPDF印刷しようと思って必要なものを準備した。

まず、いつもPDF印刷用に使っているUSBメモリを無くしてしまったので、代わりになるものを探す。手頃なものがなかったので15年くらいに使っていないSDカード(256MB)を代用することにした。

PC内に格納しているチラシデータをそのSDカードに移そうと100円ショップで買ったカードリーダーを使おうとしたら、カードが挿さりにくい…。そのうえ、とりあえず出来るところまでやってみてPCに挿してみたんだけど、全然認識してくれない。ダメじゃん。仕方ないのでおとなしくPC本体のSDカードリーダースロットに挿してデータを移行する(最初からそうすればいいだけなんだけどね)。

データ移行が完了したら、その256MBのSDカードを持ってセブンイレブンに行く。セブンイレブンに到着し、複合機にSDカードを挿して印刷しようとするが、データ読み込みに異常に時間がかかる。結果的に「データが破損している」とのことで印刷はできなかった。

次にファミリーマートでトライ。こちらはすぐにデータを認識できたんだが、同じく読み込みに時間がかかる。いつまで経っても読み込み作業が完了しない。仕方ないので作業を終わらせる。

こうなったら、諦めてもう一回最初からやるしかないので、USBメモリを用立ててデータを再度移行する。今度はローソンで試してみて、無事印刷できた。

文明の利器で便利なはずが全然便利でない…。お陰で時間を無駄にしてしまった。

教訓「面倒くさがらずに確実な手段をとろう」。

ブログトップに戻る