団体名称TEAM PARTHIAN SHOT
(チーム・パルティアンショット)

  • 一般社団法人日本修斗協会オフィシャルジム
  • NPO法人全日本新空手連盟 新空手エクスチェンジネットワーク加盟ジム
  • 日本アマチュアキックボクシング連盟加盟ジム
  • 一般社団法人全日本柔術連盟加盟ジム
代表者名越坂良
常設道場所在地〒483-0888
愛知県犬山市羽黒新田字郷東40
あおい学院犬山南校2階

「TEAM PARTHIAN SHOT(チーム・パルティアンショット)」は愛知県江南市・扶桑町・大口町・犬山市・小牧市周辺で活動を行っている格闘技団体で、2014年に発足しました。

立ち技打撃系格闘技としてはキックボクシング・新空手(グローブ空手)・シュートボクシング・ムエタイ・散打向けの練習を行っており、2018年よりNPO法人全日本新空手道連盟の新空手エクスチェンジネットワークに加入、2019年より日本アマチュアキックボクシング連盟(ジャパン・キックボクシング・イノベーション主宰)に加入いたしました。

総合格闘技(MMA)については、2018年より一般社団法人日本修斗協会のオフィシャルジムとして活動を行っております。

また、2019年よりブラジリアン柔術部門を開設し、一般社団法人全日本柔術連盟に加盟いたしました。

新空手とは?
新空手とは従来のフルコンタクト空手とは異なり、ボクシンググローブ着用での顔面への攻撃を認めた、実戦的な空手ルールを追求した空手団体の集合体です。プロ競技化はされていませんが、「K-2」「K-3」「K-4」などアマチュアの大会は打撃系格闘技のプロを目指す者の登竜門的存在です。
修斗とは?
修斗とは新日本プロレスで初代タイガーマスクとして人気を一世を風靡した佐山聡によって1984年に「理想とする新格闘技の追求」を目的として創始された総合格闘技です(プロ化は1989年)。世界15カ国・競技人口約2万5千人を擁する世界最大の総合格闘技コミッションで、日本の総合格闘技の源流と言っても過言ではありません。
ブラジリアン柔術とは?
柔道の父・嘉納治五郎の弟子で「講道館四天王」のひとりであった前田光世(まえだみつよ)によりブラジルに伝播した柔道が独自に進化・発展したものがブラジリアン柔術です。柔道との大きな違いは寝技を重視したことにあり、現在総合格闘技が大いに盛隆しているのはブラジリアン柔術が起爆剤的な役割を果たしたからとされています。また、世界的に知られるようになってから競技人口が爆発的に競技人口を増やしており、エクセサイズに取り入れている芸能人・セレブが多いことから脚光を浴びています。



団体名称の由来
「格闘技の若手選手の発掘」と「格闘実験の場」として2014年に設立しましたが、特に団体名称は考えておりませんでした。
ただ、「付けるならインパクトの強い名前が良い」と思い、思案の末「チーム・パルティアンショット」に決定しました。
理由としては、まず自分の中で、ジェームズ・トンプソンやゼルグ・”弁慶”・ガレシックが所属していたイギリスの総合格闘技チーム「チーム・トロージャン(TEAM TROJAN)」ような名前にしたいと考え、同じように古代ローマやオリエントを想起させる単語として「パルティアンショット」が頭に浮かびました(チーム・トロージャンの由来までは分かりませんが、名前の響き的に個人的に好きです)。
「パルティアンショット」という言葉は学生時代に恩師から教わりましたが、慣用句として「捨て台詞」という意味を持ちます。
元々は古代のイランに存在したパルティア王国(アルケサス朝パルティア)に代表される一撃離脱の背面騎射のことを指します。ただ、この射撃方法はパルティア王国だけではなく、遊牧民族に広く見られた戦闘方法で、ユーラシア大陸に一大勢力を築き上げたモンゴル帝国も例外ではなくこの「パルティアンショット」を得意として世界各地を転戦したと言われています。
(余談ですが、日本の流鏑馬もパルティアンショットの一種と言えますが、遊牧民族とどう関係あるのかは分かりません)
「チーム・捨て台詞」であれば正直格好悪いにもほどがありますが、「チーム・パルティアンショット」であれば様になっているような気がします。

チームロゴについて
チームロゴのイラストはイラストレーターの筒井よしほさんに描いていただきました。
背面騎射を表現するにはケンタウロスのほうが良いと考えて、無理を承知でお願いしたところ、こちらのイメージどおりに仕上げでくださいました。