犬山城
〒484-0082
愛知県犬山市大字犬山北古券65-2

言わずと知れた天守現存の国宝で、2004年まで個人所有の城であった(所有者は1617年より城主を務めた成瀬家)。
別名「白帝城」は李白の詩にちなんで、江戸時代の儒学者荻生徂徠が命名したとされる。
応仁の乱の頃に、織田広近(尾張伊勢守家当主・敏広の弟)により1469年に築かれた砦が原型で、1537年には織田信康(織田信秀の弟で信長の叔父)が居城木ノ下城を廃城にして、この砦を元に築城したのが犬山城の始まりとされる。

 

成田山名古屋別院大聖寺
〒484-8512
愛知県犬山市大字犬山北白山平5

真言宗智山派の、千葉県成田市にある成田山新勝寺の別院。
千葉県への参拝が遠距離であることから1953年に名古屋鉄道とそのグループ会社が中心の寄進によりになって創建された。

 

継鹿尾観音寂光院
〒484-0091
愛知県犬山市大字継鹿尾杉ノ段12

真言宗智山派の寺院で、654年に建立された。 戦国時代には参詣に訪れた織田信長により多大な寄進を受けた。
秋になると真っ赤に色づく境内の紅葉で有名。

 

桃太郎神社
〒484-0002
愛知県犬山市大字栗栖大平853

童話の桃太郎にまつわる伝承のある神社。

 

入鹿池
〒484-0023
愛知県犬山市堤下

人工の農業用ため池であり、全国屈指の広さを誇る(152.1ヘクタール)。1632年に工事を着工し、翌年完成した。ワカサギ釣りのスポットとしても有名である。

 

尾張富士
〒484-0057
愛知県犬山市字富士山

犬山市南部に位置する標高275mの山。本宮山・白山と並んで尾張三山と称され、ハイキングコースとしても有名である。本宮山と山の高さを競ったことに由来して、毎年8月の第1日曜日には「石上げ祭」が行われる。

 

不老滝
〒484-0091
愛知県犬山市大字継鹿尾川端

寂光院の南側にある、木曽川にそそぐ小さな滝(落差8メートル程度)。この滝に打たれると健康になると言われている。

 

青塚古墳
〒484-0945
愛知県犬山市字青塚22-3

愛知県内で2番目の規模を誇る大型古墳で、4世紀中期頃に造られたと推定されている。1584年の小牧長久手の戦いでは羽柴秀吉側についた森長可が布陣した。